--
-- /
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01 /
17

1995.1.17

20年経っても忘れられないこと。
小1の3学期の始業式の日だった。

揺れに飛び起きて、食卓の下に潜り込んだ。食器棚が倒れてきて、ガシャーンと目の前で止まった。
机の下にもぐってなかったら、食器棚の下敷きで生きていたか、わからない。

家の周りのマンションは漫画のように45°傾き、商店街の屋根はぺっしゃんこになっていた。
町内では同じ幼稚園だった友達が亡くなった。

家はぐちゃぐちゃになったので、みんな近くの小学校に避難してた。
家族3人で学校についたけど、教室の後ろの方の棚が近いとこしか空いてなくて、
そこは余震が来たら崩れてくる安全でないとこだった。

気遣ってくれた、近くの若い夫婦が小さいのに大変だねといって缶ジュースを1本分けてくれた。
その人たちだって自分たちの飲み物が十分あるわけではないのに。
それがすごくうれしくて、今でも鮮明に覚えている。

みんな自分が生きるか死ぬかわからないのに、お互い励ましあって優しかった。

コンビニでポテチ3つが1000円で売られてた。カップ麺も3つ1000円で売られてた。誰も湯なんて沸かせへんのに。
どこどこのガスタンクが漏れてるからやれ北に逃げろ、やれ南に逃げろってデマが流れてた。

西の方は火事がすごい、と聞いて、名古屋のばあちゃんちにいくことになった。地震から3日後くらいだったと思う。
大阪くらいまで来たら何ら普段と変わらない様子で拍子抜けした。

2か月ほど名古屋で過ごして、2年生の1学期から学校再開。
ガス、電気、水道が復旧して、子供ながらにほっとした。
自衛隊の人が公園や学校のグラウンドに来てくれて、炊き出しや仮設の風呂を作ってくれた。

がんばろう神戸 を刻んだユニフォームでオリックスが快進撃。イチローフィーバー。
大惨事の割に案外早く街は復旧していった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ikemuland.blog54.fc2.com/tb.php/306-9405cc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

ようこそ!

Welcome to Ikemuland!! %

プロフィール

ドアラむら。

Author:ドアラむら。
ドアラとくまモンが好きな社会人○年生。

猶予期間

最新記事

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

マウスについてくる犬の足跡

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。