--
-- /
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02 /
11

2006 → 2016

新年、あけましておめでとうございました。。。

社畜になると、迂闊に書けないことも多く、
めっきり放置ランドでありますが、ちゃんと生きてます。


年があけ、2016年になった、ということで、久しぶりに筆をとる。

2006年は、大学生になった年で、
なんと、それから10年も経ってしまったことに、焦る。


昔を振り返るのは、おっさんくさいし、かっこよくないが、
10年と知って引くと共に、節目に思わず回想。。



大学・院の6年間は、
今後こんなときは来るのか?というぐらい素晴らしい時代であった
と、今でも思う。

理由は、次の2つに尽きる。

(1)H学園で塾講師をしたこと

愉快で優秀な学生講師仲間と出会え、一緒に働けた。
この人のようになりたい!と思える方と巡り合え、
一生もののつながりとなった。

学生ながら、社会人のような働き方ができて、
働くことへの自信がついた。

当時汗をかいて身に着けた

・わかりやすく説明すること (授業)
・伝わる資料を作ること (テキストや模試作成)

は、今でも役に立っている。

(バイト講師なのだが、)
いわいるアルバイトとはちょっと違うノリで働けたことで、
どんな仕事をしたいか?
真剣に考えるようになっていた。

いろいろな場所へ教えにいって、生息範囲が広がった。
大阪とか奈良とか。

夏には、名古屋教室に行かせてもらった。
その移動の際に、今の会社で働くことを意識するきっかけとなった。

順序を学んだ。


学園での日々は、私の大学生活そのものであり、
ここで働いていなかったならば、今の自分はない。


(2)京都で一人暮らしをできたこと

大体の人にとって、大学生活って、
素晴らしいものなんやとは思うが、
「京都の学生生活」 は 別格やと思う。

そして、下宿であれば、さらに素晴らしい。

京都には、一人暮らしをしている学生が多いから、
自分の大学以外にもいろんな人と出会えた。

京都に住んでると、昼夜を問わず集まって、
自分たちのペースで遊べた。

らんどでなべ会をして、カタンをして、
北パチ、自遊空間で明かした夜は数えきれない。

下宿をさせてくれた親に感謝である。
自分の子供にも、京都で学生生活をさせてあげたいと思う。



このランドは、そんな京都での学生時代、
経験したこと、感じた事を残しておこう、と思い、
前出の先輩の真似をして始めたものである。

たまーに読み返すと恥ずかしくて死にたくなるが、
書いててよかった、と思う。


超閑散でシャッターらんどではありますが、
このランドは、そんな大学時代に出会った人の目に(たま~~に)触れる
ことを前提に書いています。

がむしゃらに学園をして、
不器用にもがいて就職先を決め、
最後の1年、下宿はやめてしまっていたが、

今しかできないことは何だ? どう過ごすべきか?
と自分なりに考え、

やったのは、大学で出会ったいろんな人と色んな旅行をすることでした。

学園、ちかんはまぁその時点で一生ものやったのでおいといて、

特に、このまま社会人になったら、もう集まらなくなってしまうかも?
というグループで意識して旅行しまくったのは、大正解だった。



大学時代に出会って、今でも仲良くしてくださっている方々。
つまり、このランドに(5年に1度ほど)来園してくださる方。
全員、私の一生の宝ものです。ありがとうございます。

社会人になっても、
年に数回でも、あなた方に再会できるのを楽しみに日々頑張っています。

会えてない人も、忘れているわけではありません。

次の10年が経っても、
気おくれせず、胸を張って色んな人に会える自分でいるよう、
前進したいと思います。

スポンサーサイト

 | HOME | 

ようこそ!

Welcome to Ikemuland!! %

プロフィール

ドアラむら。

Author:ドアラむら。
ドアラとくまモンが好きな社会人○年生。

猶予期間

最新記事

カレンダー(月別)

01 ≪│2016/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

マウスについてくる犬の足跡

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。